保育内容

個性を育む様々な保育プログラム

しつけの三原則

人間形成の基礎を培うことをねらいとして「しつけの三原則」を行っています。
(1)自分から進んで挨拶をする。
(2)名前を呼ばれたら「はい」と返事をする
(3)履き物をそろえる

立腰教育

「腰骨」を立て正しい姿勢を続けることにより、正しいものの見方や考え方ができてきます。集中力を高め、姿勢を正すことを目的に、毎日朝と帰りの会で3分間「立腰」を行っています。

もじ・かずあそび

毎日の朝の会や帰りの会の中で、様々なフラッシュカード(都道府県、県庁所在地、国旗、諺など)を使い、文字や数を知る楽しさや学ぶ喜びを伝えています。

異年齢児保育

0、1歳児は毎日の朝の活動でリズムあそびや言葉あそびなどを行い、2歳以上児は、週1回の合同朝の会や姉妹園のみやの森幼稚園の自然を使った活動など異年齢児での関わりを通し相互に教え合い、学び合い共に育ちあえる保育を行っています。

体操教室・運動あそび

週1回、専門の体育指導員による体操教室を行っています。また毎日運動あそびを通して幼児期に身につける基本動作を楽しみながら「心や体」の発育、発達を目指し元気に活動を行っています。

みやの森幼稚園との交流保育

姉妹園のみやの森幼稚園と田植え体験や稲刈り、サマーデイキャンプ、また月1回の交流保育を行うことで、人と関わる力を養って行きます。